35万円ほど買い物をしてしまいました(涙

投資まとめ
ぽん太
ぽん太

どうもこんにちわ!!ぽん太です。

35万円ほど買い物をしてしまいました(涙

1年間の間に衝動的に物を買うことが何度かありますが、コペンという車を買ったのが去年の7月、100万円ほどのお買い物でした。今回は購入した物1つ目はiPad Pro 11インチ 168800円。

今回、チップがM4になっているのと有機EL搭載なのでめちゃくちゃ薄くなっています。第5世代のiPad Pro 12.9インチはそれと比べるとデカくて分厚い、そして重い。実際に触ってみて買い替えを決意しました。1個前のiPadを売るので10万円くらいは戻ってきそうではありますが。めちゃくちゃ感動があるとかではないですが確実な進化と使いやすさが生まれていると思います。

 

今回AIに対応するためにM4チップにしたということなので、その辺の性能を確認するのはこれからですかね。AppleもChatGPTに対応するなどの噂が出ているので今後に期待というところでしょうか。最新のテクノロジーが使われた物を触りたいのでPCは少し古くても良いけどモバイルはもう少し新しいものについていきたいですね。

 


(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

6068

ファイナンシャル・ウォッチのモデル6060から24時間表示のUTC(デュアルタイム)機能除いたモデルです。12時間表示式の第二時間帯表示が搭載されビジネスを想定した時計ながら、高品質なブラックの文字盤に、手作業により取り付けられたロジウム仕上げのアプライドインデックスならびに時分針には夜光処理が施されています。サファイアクリスタル製の風防には両面無反射コーティングも施され、昼夜を問わず高い視認性を確保しています。内側に無反射コーティングを施したサファイアクリスタル製の裏蓋から見えるローターに手彫りされた彫刻は、証券市場で使われるベア(弱気市場)とブル(強気市場)を表す “熊(bear)と雄牛(bull)”です。

もう一つはこちら、Sinnのフィナンシャルウォッチです。定価627,000円だそう。昔Sinn556っていう時計を持っていたのですが2010年ごろの価格から2倍くらいの値段になっていました。この時計も元々は30万円台だった気がしますが完全にインフレしていますね。流石に定価で買うのはちょっと厳しいですし、60万円出すならIWCとかロレックスを購入します。

 

2022年式でオーバーホール済みのこの時計が18万円で売っているのを見かけてずっと売れのこっていたので、捨てられた子犬を見るような気分になってしまいポチってしまいました。中古、ネット購入なのでどうなることやら。自分でベルトを黒い皮ベルトに交換して使おうと思っています。ドイツの証券マン向けの時計ということでブルとベアの彫刻。

 

物を購入するのは、価値がある程度は残るのでそこまで重大な損失を出すことはないのですが、本当にお金ができたら体験を購入する方が良いでしょうね、本当の贅沢な気がします。代わりに貯金箱と思ってちょこちょこ購入していたS&P500の投資信託を50000円ほど売却して資金を得ます。利確は三千円ほどとなりました。

 

ぽん太
ぽん太

お金があるうちに色々試そうと思います。

Twitterのフォローもよろしくお願いします。

今日もぽちっと押して応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ



<!– a rel="noopener" target="_blank" href="https://bet-mob.com/?ponta-money.work"></a–>

 

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

Source: 初心者が始めるアメリカ株式投資
35万円ほど買い物をしてしまいました(涙

■□━━ 急げ、ドメインは早い者勝ち! ━━□■
     ■お名前.com
タイトルとURLをコピーしました